www.yellowstonechurch.org
年末にさしかかると恒例「もしも宝くじで億のお金が手に入ったらどう使うか」 というテーマで私と主人が熱い激論を繰り広げるのですが 「家のリフォーム」「新車購入」「海外旅行」 「両親へのお小遣い」「貯金」などなど内訳を割り振ります。 なるべく周囲に当選の事実を知られたくないけど 隠し通すにはどうすれば良いかを考えたり かなり綿密に打ち合わせをします。 主人は宝くじが当たったら仕事を辞めると言い、それを私が阻止しようと説得。 こうなるとケンカです。当たりもしない宝くじで、いや買ってすらいない宝くじで 夫婦ケンカ。正気の沙汰ではありません。 ひととおりケンカを終えると「ハッ」として、意味のないケンカの そのくだらなさに愕然とし主人と二人ガックリと肩を落とすのです。 目の前にある「現実」に引き戻されるのです。 そして「夢みたいなことばかり言ってないで来年こそ本気出して頑張ろう」と 決意を新たにするという、これは年末の我が家によくある風景。 年中行事なのです。